開業医を始めた友人に胡蝶蘭を贈りました

芸能関係の舞台公演の楽屋や新たに開店したお店に、胡蝶蘭がいくつも飾られている光景を良く見かけます。

お祝いとしての贈り物なのですが、胡蝶蘭の華やかで豪華な花は、新たな門出を祝い、成功を祈念する贈り物として根強い人気があります。

胡蝶蘭は、花持ちが良く、長くお店に飾る事ができる上に、手入れが意外と簡単な事も贈られた側にとっては利点なのです。

手入れとしては、植物ですから当然水やりが必要なのですが、植木鉢を覆った水苔が乾燥して来れば、たっぷりと水をやれば良く、意外と水やりの頻度も少なくて済むのです。

最近では、胡蝶蘭は白色のみではなく、品種改良でピンクや赤色もありますが、赤いものは火を連想し、火事に繋がるとして、新築祝いや開店祝いの贈り物としては避けられます。

胡蝶蘭がこうした祝いの贈り物として根強い人気があるのは、花言葉が幸せが飛んでくると言うものである事も影響しています。新たな門出をする方への贈り物には最適な花言葉だからです。

私の友人はサラリーマンが多く、新築祝いは家庭に最適な調度品などの贈り物をする事が普通で、胡蝶蘭を贈る機会はありませんでした。

しかし、親友の一人が大学病院の勤務医を経て50歳前にクリニックを開業する時に、3房が垂れた立派な胡蝶蘭を贈りました。

病院に入院している人の見舞いには切り花とすべきで、植木鉢でお花を贈る事は、病室に根を張るとして縁起が悪いとされる事が少し頭を過りましたが、病院繋がりでもクリニックの開業ではそんな縁起担ぎも関係ないと考えました。

親友が開業後にクリニックの外観と受付の風景を写メで送ってくれましたが、そこには私が贈った胡蝶蘭の他、3鉢の胡蝶蘭が受付を華々しく飾っていました。

その明るい受付に胡蝶蘭はぴったりで、遠方に住む親友の開業に胡蝶蘭をお祝いとして贈った事は、本当に正解だったと改めて感じました。

開店祝いで胡蝶蘭を贈りました

長年通っていた美容師さんが独立するとのことで、胡蝶蘭を贈りました。

花輪も考えたのですが、胡蝶蘭は一度咲けば1か月から2ヶ月ほど咲き続けて長持ちするし、また、胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「幸福が飛来し、それが安定して長く続くように」なんですよね。なんて演技のいい花言葉なんだろうと思いました。なんだか幸運だけじゃなくてたくさんのお客様も呼び込みそう!

事前にお店をのぞきに行って、内装が白を基調としていたので、白の胡蝶蘭にしました。

実際開店してから、見に行くと予想どうり花輪は3日ぐらいでなくなってしまったので、胡蝶蘭はいい感じで1ヶ月以上保っていました。

お花が終わってからはバックヤードに下げられていたのですが、花の茎が伸び放題で困っていると相談を受けました。図書館で調べてみると、また花を咲かせたい場合は花の芽の2~3節目でカットすると切った下の節の所から新しい花芽が出やすくなり、花が咲くらしい。すぐに花を咲かせたいわけではなければ根元のほうから切るといい。と教えてあげたら試したらしく花が咲いたとのことで、また飾られていました。また、咲かせたいと思ってもうまくいかない悩みをお持ちのお客様も多く、体験を教えてあげたら胡蝶蘭の話で盛り上がるとか。お客様からのご紹介も多く、お店も繁盛しているようで本当に胡蝶蘭の花言葉のように幸福が飛来し、それが安定して長く続いているようで大変うれしいです。

自分自身家を買った際や、父の退職の際に胡蝶蘭をいただくことがありましたが、人に送る機会は中々ありませんでした。

これからは、相手に幸福がたくさん飛来することを願い、もっと気軽に贈ってあげたいと思っています。

胡蝶蘭の魅力

胡蝶蘭というものは、他の花にはないような魅力があります。まずは、花自体の華やかさが違います。大きくて、存在感のある胡蝶蘭は、それが飾ってあるだけで、その場が華やぎます。特に、お店の開店祝いやイベントの会場などでは胡蝶蘭をよく目にします。これなどは、胡蝶蘭の魅力が活かされているといえるでしょう。他の花では、このような華やかさはみられないといえるのです。胡蝶蘭ならではの魅力が感じられるのです。

胡蝶蘭というものは、こういったイベントだけでなく、家庭でも楽しむことができます。特に、胡蝶蘭の愛好家と呼ばれるような人も多いです。こういった人たちは、胡蝶蘭の栽培そのものを楽しんでいるといえるでしょう。また、リビングなどに胡蝶蘭があれば、とても気分がいいものです。ちょっとした贅沢を楽しむつもりで、家庭にも胡蝶蘭を取り入れてみるといいでしょう。

さて、胡蝶蘭というものは、冠婚葬祭の場でもよく見られます。葬式の会場で飾られていることもあれば、結婚式の会場で飾られていることもあります。どのような場でも、よくなじむのが胡蝶蘭の魅力だといえるでしょう。胡蝶蘭でも、白色のものを選べば、葬式にも似合うものとなるのです。そして、しっとりとした魅力が発揮されるのです。

ただ、胡蝶蘭というものは、一般的に安いものではありません。そのため、購入することをためらってしまう人も多いといえます。また、胡蝶蘭についていえば、いわゆる造花も出回っています。これは、比較的、安価なものです。しかし、造花でない本物の胡蝶蘭と比べると、見劣りしてしまいます。やはり、造花では、見栄えが悪いといえるのです。

胡蝶蘭も大きさはいろいろとあります。開店祝いなどに贈るときには、大きなものを選んだほうが喜んでいただけるでしょう。また、見た目も華やかなものとなるのです。そして、小さなものについては、家庭で楽しむのに適しているといえます。このように、大きさによって、贈り物としても家庭用としても選ぶことができるのはうれしいことだといえます。

胡蝶蘭は、一つあるだけで、華やかな雰囲気を出せるものです。その反面、葬儀の会場などでは、しっとりとした落ち着いた雰囲気を出せるものです。胡蝶蘭は値段が高いというイメージがありますが、お金を支払っただけの価値はあると思われます。また、いろいろな場面で利用することもできます。花を飾るという場面において、胡蝶蘭は定番として位置づけられているのです。

ちなみに胡蝶蘭を購入するならオーキッドファンがおすすめ!

お祝いにふさわしい胡蝶蘭